産地で選ぶ:ニカラグア

 珈琲豆はたとえ同じ品種であっても、生産国の珈琲農園ごとの区画単位の土壌や気候、栽培から収穫後の精製や品質管理よって、全く異なる味わいのものとなります。

 ニカラグアにはじめてコーヒーノキが持ち込まれたのは1970年です。カトリック宣教師によるもので、その当時はもの珍しさから栽培されていたそうです。

 そこから50年後、世界中で珈琲の需要が高まった事を機に商業的な栽培をスタートして、珈琲はニカラグアの経済において重要なものとなりました。

 ニカラグアの珈琲豆は複雑な香味を感じさせるものから、伸びの良いフレッシュな口あたりのものまでバラエティーに富んでいます。一貫して質感は線の細いものが多く、爽やかですっきりとした綺麗な味わいです。

関連記事

  1. 産地で選ぶ:コロンビア

  2. 産地で選ぶ:ルワンダ

  3. 珈琲豆専売VSサイドメニューバリエーション

  4. 産地で選ぶ:ブルンジ

  5. 焙煎方法で選ぶ:半熱風式焙煎

  6. 産地で選ぶ:ウガンダ