抽出方法:ペーパードリップ

ペーパードリップの種類

 同じ珈琲豆・焙煎度合い・粉の細かさであっとしても、使用する抽出器具によって味わいはガラリと変わります。ここではいくつかの抽出器具を取り上げてご紹介して、それぞれの個性や魅力について説明していきます。

 ここでは特に有名なブランドをいくつかご紹介いたします。

カリタ式

 カリタ製のドリッパー。国内ではもっとも有名なドリッパーといえるかと思います。カリタ式は台形のフォルムをしており、底には3つの穴が開いています。ドリッパーの内側には「リブ」と呼ばれる溝が設けられていて、これは穴の数と大きさ・リブの堀の深さや長さによって抽出スピードを設定しています。カリタ式は3つの抽出出口と長めに引かれたリブによって抜けがよくなり素早く抽出されますので、結果としてさっぱりとした味わいになりやすいです。(※リブは「肋骨」という意味で、リブロースのリブです。)

メリタ式

 カリタ式と同様に台形のフォルムをしていますが、穴が1つしかありません。リブも途中から引かれていますので抽出はゆったりとしており、ドリッパー内部にお湯が滞留する構造になっています。その結果としてコーヒー粉にお湯がまんべんなく行きわたり、じっくりとろ過されるため、しっかりとした味わいの珈琲がお好きな方にお勧めです。

コーノ式

 根強い愛好家のいるドリッパーです。円錐形のフォルムに大きめの穴が一つ空いており、リブは途中までしかありません。多めに注湯すれば早めに抜け、注湯量を抑えればゆっくりと抽出される汎用性の高さが人気です。バランスよく淹れ分けられますが、特にどっしりとした深煎り珈琲が好きな人におすすめです。

ハリオ式

 円錐形で大きな穴が開いており、内側には堀の深いリブがスパイラル状に長く巻いています。構造的にはスパイラルにより、お湯がドリッパー内部に長く滞留する造りですが、抽出液自体の抜けは良いので使い勝手の良いドリッパーとなっています。傾向的にはスッキリとした味わいになりやすいです。

関連記事

  1. 抽出方法:ウォータードリッパー

  2. 抽出方法:マキネッタ

  3. 抽出方法:ネルドリップ

  4. 抽出方法:エスプレッソマシン

  5. 抽出方法:エアロマシン

  6. 抽出方法:サイフォン