焙煎方法で選ぶ:完全熱風式焙煎

 「完全熱風式焙煎」ですが、これは単に「熱風式」ともよばれます。別に紹介する「半熱風式焙煎」も「熱風」という言葉は付くのですが、こちらは縮めて「熱風式」と呼ばれることはありません。

 完全熱風式は、先ほどご紹介した流動床式のタイプの焙煎機のことで、これは1970年にマイケル・シベッツという人物が考案したものです。ドラム式などと比べると焙煎時間を短く煎りあげることが可能です。

 珈琲豆は大きく膨らみ、煎りムラの少ない綺麗な焙煎豆に仕上がるのが特徴です。

関連記事

  1. 珈琲豆専売VSサイドメニューバリエーション

  2. 産地で選ぶ:ベトナム

  3. 産地で選ぶ:インド

  4. 産地で選ぶ:コロンビア

  5. 産地で選ぶ:ブルンジ

  6. 珈琲豆専売VSサイドメニューバリエーション