産地で選ぶ:ベトナム

 珈琲豆はたとえ同じ品種であっても、生産国の 珈琲 農園ごとの区画単位の土壌や気候、栽培から収穫後の精製や品質管理よって、全く異なる味わいのものとなります。

ベトナム

 ベトナムは、ブラジルに次いで世界第二位の珈琲豆の生産国です。

 一時は供給過多による価格崩壊が生じたことで生産量が激減しましたが、珈琲豆の価格が徐々に復活したことで生産量が大幅に上昇し、今では世界の珈琲業界に絶大な影響力をもっています。

 珈琲豆の収穫や選別など、ほぼ全て手作業で行われています。標高の低さが課題となっていますが、上質な珈琲豆の生産を目指すようになってきました。

関連記事

  1. 産地で選ぶ:パナマ

  2. 産地で選ぶ:ルワンダ

  3. 産地で選ぶ:ニカラグア

  4. 産地で選ぶ:ブルンジ

  5. 産地で選ぶ:コロンビア

  6. 産地で選ぶ:ウガンダ