こだわり珈琲屋のメッセージ!

 今回、珈琲の味にこだわりたい方のためにあえて具体的に見定めるポイントをお教えするとすれば、原料である珈琲の生豆の品質を大々的に謳っている喫茶店に入店してみてください。

 例えば、「美味しい珈琲の条件は、コーヒー生豆の品質が7割、焙煎技術が2割、淹れる技術が1割」といった具合に、自身の店舗が仕入れているコーヒー豆の品質に絶対的な自信を掲げているお店です。

 私の経験では、このように謳っている店舗で美味しくない珈琲を提供されたことは一度もありません。ちなみに余談ですが、上記のような珈琲の美味しさを生み出す割合について、このような比率は成立しないと私は思っています。それは珈琲の持つ美味しさは分岐点が多すぎてこのように提示するのは無理だからです。いくら原料が最高級品であっても、焙煎技術や品質管理、そして抽出技術が悪いと全てが台無しになってしまいます。

 ではなぜ私がこのように謳っている喫茶店の珈琲が美味しいと断言するかといいますと、それは珈琲の生豆にこだわりを持っているお店が、焙煎や抽出のプロセス、品質管理をおざなりにすることはないからです。つまりこういった喫茶店は、取り扱っている珈琲豆だけにこだわっている訳ではなく、美味しい珈琲を提供することにこだわっているのです。たとえ珈琲に詳しくなかったとしても普段から親しんでいるくらいお好きであれば、一度は豆の品質にこだわりを持っている喫茶店にぜひ足を運んでみて下さい。

 「今まで飲んでいた珈琲はなんだったのか!」とこれまでの珈琲観がひっくり返ってしまうような、そんな美味しい珈琲に出会えることをお約束いたします。

関連記事

  1. 珈琲豆専売VSサイドメニューバリエーション

  2. 喫茶・純喫茶の選び方-3

  3. 只今準備中です!

  4. 喫茶・純喫茶の選び方-2

  5. 珈琲豆専売VSサイドメニューバリエーション

  6. 自家焙煎店と大手チェーン店の強み-2