グループでおしゃべりを楽しむ

 いわゆる「ママ会」など、おしゃべりを楽しみたくてお店を選ぶときはいかがでしょうか。

 こういったシーンでは3~6人程度で利用できる、ゆったりとしたボックス席が理想かと思います。さらに珈琲以外のドリンクや各種スイーツが充実していると、きっとたくさんの女性客から重宝されるでしょう。

 大手コーヒーチェーン店の多くが団体客に対しても寛容な空間を提供しているのはやはり店内の広さが大きく関係しており、様々な客層のニーズをカバーしているという点が最大の強みだと思います。

 もちろん大手コーヒーチェーン店のみならず、最近はゆったりとしたソファ席をいくつか設置してあったり、キッズルームまで用意しているようなカフェも少しずつ増えてきましたね。

関連記事

  1. 珈琲豆専売VSサイドメニューバリエーション

  2. 自家焙煎店と大手チェーン店の強み-2

  3. 珈琲豆専売VSサイドメニューバリエーション

  4. 喫茶・純喫茶の選び方-2

  5. なぜ自家焙煎店は美味しいのか-1

  6. 只今準備中です!