焙煎方法で選ぶ:半熱風式焙煎

 半熱風式焙煎は、半熱風・半直火とも言います。その名の通り、直火式と熱風式の折衷型のような焙煎方法です。

 構造自体は直火式と同じなのですが、ドラム部にパンチが空いていない為、コーヒー豆に直接火は晒されません。ですがドラム部自体には火が晒されていますから、そこから伝道熱(物質から物質へ伝わる熱)がコーヒー豆に伝わり、また炎から巻き上がる熱風(対流熱)もドラム内部に送り込まれて焙煎する仕組みです。

 一般的には直火式より焙煎コントロールは容易といわれていますが、半熱風式にももちろん高度な技術は必要です。マイルドで飲みやすい珈琲に仕上がる傾向にあります。

関連記事

  1. 産地で選ぶ:ニカラグア

  2. 産地で選ぶ:ブルンジ

  3. 珈琲豆専売VSサイドメニューバリエーション

  4. 産地で選ぶ:グァテマラ

  5. 産地で選ぶ:パナマ

  6. 産地で選ぶ:エチオピア