産地で選ぶ:ブラジル

 珈琲豆はたとえ同じ品種であっても、生産国の 珈琲 農園ごとの区画単位の土壌や気候、栽培から収穫後の精製や品質管理よって、全く異なる味わいのものとなります。

ブラジル

 ブラジルは150年にもわたって世界最大の 珈琲豆の生産国であり続けています。現在は世界総生産量の3分の1もの珈琲豆を生産していますが、一時は80%もの市場シェアを占めていました。

 ブラジルは世界で最も先進的で産業化された 珈琲大国です。酸味は控えめで、まろやかなバランスの良い味わいが特徴的。

 チョコレートやナッツ、キャラメルのようなコクと甘みの絶妙なバランス感を持つ銘柄も数多くあり、日本人からも大変人気の高い生産国です。

関連記事

  1. 産地で選ぶ:東ティモール

  2. 産地で選ぶ:コロンビア

  3. 珈琲豆専売VSサイドメニューバリエーション

  4. 焙煎方法で選ぶ:直火式焙煎

  5. 産地で選ぶ:グァテマラ

  6. 珈琲豆について