産地で選ぶ:ルワンダ

 珈琲豆はたとえ同じ品種であっても、生産国の珈琲農園ごとの区画単位の土壌や気候、栽培から収穫後の精製や品質管理よって、全く異なる味わいのものとなります。

ルワンダ

 ルワンダは「千の丘の国」としても知られており、上質な珈琲豆を産出するための栽培環境が揃っている非常にめぐまれた国です。しかしながら農園の土壌の劣化と輸送時のトラブルがたびたび起きるようで、それによって価格が変動しやすい不安定さはあるようです。

 ルワンダ産の中でも特に上質な珈琲豆は、リンゴや白い花を思い起こさせるようなフレッシュで透明感のある素晴らしい風味をもっています。

関連記事

  1. 産地で選ぶ:コロンビア

  2. 産地で選ぶ:ブラジル

  3. 焙煎方法で選ぶ:半熱風式焙煎

  4. 産地で選ぶ:パナマ

  5. 珈琲豆専売VSサイドメニューバリエーション

  6. 産地で選ぶ:東ティモール