焙煎方法で選ぶ:直火式焙煎

 直火式焙煎では珈琲豆の味と香りが強く、素直に出ます。

 豆を膨らませるのがやや難しく、煎り上げに高度な焙煎コントロールが求められる焙煎法です。

 直火式焙煎機をイメージするには、先ほどのドラム式の構造を思い出してください。直火式では、その名の通り珈琲豆が直接火に晒されて焙煎されます。直火式に用いる回転ドラムはパンチ(穴)の入った網目状になっています。

 珈琲豆の特徴として、表面は焦げやすく、そして中心部には熱が入りにくい特性があります。直火焙煎は深煎り時にはスモーキーな香りをまといやすく、やや好みが分かれます。ですが熟練の技術を持って、いかようにも焙煎をコントロールする焙煎士も存在します。

関連記事

  1. 産地で選ぶ:東ティモール

  2. 産地で選ぶ:エチオピア

  3. 産地で選ぶ:ニカラグア

  4. 産地で選ぶ:ブルンジ

  5. 産地で選ぶ:ベトナム

  6. 焙煎方法で選ぶ:完全熱風式焙煎