自家焙煎店と大手チェーン店の強み-1

自家焙煎店の特徴

 自家焙煎店の店主やスタッフは商品(珈琲や 珈琲 豆)と一年中向き合い、その特性や生産地のことまで深く勉強している人たちです。勿論オペレーションや接客についてもプロではありますが、きっちりとしたマニュアル化されたものではないことが多いので、お店の雰囲気や取り扱うコーヒー豆の銘柄、味わいの傾向が特化しやすかったりと、そのお店ごとの特色が出やすい傾向にあります。

  例えば脱サラして開業した自家焙煎店などの場合、接客のノウハウがなかったり、接客について厳しく指導された経験を持っていない人たちも数多くいます。

 あなたが小さな個人店を利用した際、「言葉づかいとかはフランクだけど、なんだか温かみがあっていいお店だな。」と感じた経験はありませんか?そのようなときには珈琲豆について質問をしてみると、思った以上に細かく丁寧に説明してくれることもよくあります。

関連記事

  1. なぜ自家焙煎店は美味しいのか-1

  2. グループでおしゃべりを楽しむ

  3. 珈琲豆専売VSサイドメニューバリエーション

  4. ひとりの贅沢な時間を満喫したい!

  5. 喫茶・純喫茶の選び方-3

  6. 只今準備中です!